大人の 「音楽でイメージづくりセミナー」

グループセッションでは、自分で気づいていない様々なイメージを、観客の力を使ってヒントをもらいましょう。

 

どのようなときでも、イメージをもって進めていくことは大切です。

本当の自分の中にあるイメージを見つけることは簡単なことではありません。

 

音を使うことによって、自分でも気づいていない真の魅力が溢れてきます。

 


ミュージックプレイセッションでは、心理学研究法を使います。

私が「心理学の子ども研究」で深めてきた手法を使って、音楽でサポートします。

 

①自分の中にあるイメージを表現することで、自分の分析視点を明確にします。

 

②自分の視点を見つけたら、それがどのような意味を持っているかを 分析、解釈していきます。

 

セッションを繰り返すことで、自分や相手の心の動きを観察する方法を学ぶことにも繋がります。


ミュージックプレイセッションの効果

ミュージックプレイセッションは、セラピー≪治療法≫ではありません。

教育者や指導者など、人と関わるときに大切なコミュニケーションの方法を音楽を使ってわかりやすく体験していただきます。

 

音楽をお仕事で使うかた、お仕事で人とコミュニケーションをとることが必要な方など、音楽を使って聴くことで、具体的なイメージの変化を知ることが出来ます。


グループセッションのご感想

※ 目指そうとする方向と、相手に与えるイメージが一致していることがわかって嬉しい。

※ 自分では意識していない音が、変化して音に出てくる。3回それぞれ違う。

※自分の音のイメージが、今の自分の気持ちと繋がっていて、またまたビックリ。

※ 人と一緒に創ることってないから、面白い。

※ 次、もっとやりたい。変化を見たい。